【シンガポール】揚げ春巻きと麺料理が◎!ベトナム料理店 Moc Quan

2017年8月の旅行の後半に宿泊したパークアベニューホテルズ&スイーツが入っている商業施設 UE Square 1F にあるベトナム料理のお店 Moc Quan

シンガポールを回っていると、こういうアジアンテイストのお店も見慣れてくるのですが、こちらは前を通るたびに、マレー料理とも違うスパイスや、肉を焼く焦げの匂いなど脳みそを刺激する芳しい香りが…。

シンガポール最後の夜、ホテルでまったり旅の記憶の整理をしたいということもあり、直近で毎回匂いテロにやられていたこちらで夕食をとることに決定しました。

事前にお店について調べてみると、ベトナム料理屋さんらしく、評価もなかなかよい感じ。シンガポール最後の夜にベトナム料理。多国籍文化が入り混じるシンガポールらしいチョイスといえば、そうかもしれませんが…。

MocQuan 外観


ベトナム料理の名前の馴染みの無さに戸惑いながら入店。店内も傘の照明があったりと素敵だったのですが、気持ち良さそうな外の席に通してもらいます。

英語で書いてある具材から味を推測するしかないメニュー。材料や口コミサイトからヒントを得つつ、揚げ春巻きとチキンのフォー、ドライヌードルをチョイス。すると「飲み物はいらないの?」と黒髪のエキゾチックな雰囲気漂う美女に見つめられ、部屋にタイガービール工場でもらったフレッシュビールが待っている…と思いながらもベトナムビール333(バーバーバー)を頼んでしまいました。意志の弱い私たち。


何故かアーキペラゴのグラスに入ってビールが到着します。333、初めて飲むような気がするけど軽くてさっぱりして、暑さと湿度にやられた身体に沁みますな。

ここで揚げ春巻きが到着。


こ れ が 爆 発 的 に 旨 い …!


ざくっとした衣と肉感たっぷりのフィリング。旨い、旨いぞ〜!これはビールが進むやつです。

普段こういう揚げ物に添えてある千切りのお野菜って乾いていたり薬臭かったりとにかくなんとなく苦手なんですが、ここのはほんのり浅漬けしてある…こってりめの揚げ衣にめちゃくちゃ合う…一緒についてくるニョクマムソースも絶妙!浸して食べます。旨い…これはマストオーダーの品だ…しばしの恍惚タイム。


そしてついに、私の鼻ばかりでなく本能に至るまで、食指を動かされた匂いの正体が我がテーブルの上にやってきます。


に・く・だ…!

程よいお焦げが香ばしい。これだけでビールが飲めちゃうよ!ヌードルにつまみがのってるようなものですね。揚げてないけど排骨麺のビジュアルに近いものがあります。肉ドン。スープはないけれど、その分野菜がたっぷり。

シンガポールで食べるドライヌードルも日本の油そばも、丼の底にタレが入っていて混ぜ混ぜするのが通例ですが、こちらはお肉以外には一切味付けなし。一緒に盛られていたニョクマムソースをドシャッとかけて混ぜ混ぜします。
揚げ春巻きのと少し味付けが違うのかな?スイートチリソースに近い風味。懐かしい甘辛さがあります。美味しい…とにかく美味しい…。

途中から別皿に添えられていたライムを絞ったりBBQソースにお肉をディップしたりして味の変化を楽しみながら完食。満足感が高い一品でした。

MocQuanのチキンのフォー

チキンのフォーは優しいお味。でも日本やシンガポール程、ベトナムは出汁文化ではないようで、味の奥行きはあまりなく、スープはさらっと軽い喉越しです。胃腸が疲れている時ややさしいものが食べたい時は、フィッシュボールスープや板麺と並んで、こちらのフォーも候補に入りますね。

しかもハッピーアワーの時間帯からハズレていたはずなのに、ビールが少し安くなってました。ラッキー!

シンガポール最終日になぜベトナム料理を食べているんだろう?そんな疑念が頭をよぎる始まりでしたが、とてもいいお店を見つけることができました。皆さんもシンガポールの旅行中にちょっと変わったテイストのエスニック料理を食べたいなと思ったら訪れてみてください。

それでは、また。

Moc Quan の 情報

店名 : Moc Quan
電話 : +65 6736 0123
住所 : 81 Clemenceau Avenue,UE Square Shopping Mall, #01-23,Singapore 239917
営業 : Tuesday – Sunday 10am-9:30pm
支払 : VISA, Mastercard 可
URL : http://www.mocquan.com.sg/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)