【シンガポール】南洋老珈琲で昔ながらのコピ&カヤトーストの朝食を

シンガポール滞在中いつも行列を目にして気になっていた真っ赤な外装が目印の南洋老珈琲(Nanyang Old Coffee)で朝食をいただいてきました。チャイナタウン駅からスミスストリートを歩いた端っこにあります。

南洋老珈琲 (Nanyang Old Coffee) の入口

南洋老珈琲 (Nanyang Old Coffee) の注文カウンター
今回のシンガポール旅行の前半に滞在したスカーレットホテルの近場でモーニングが食べられるところを探していたので、チェックアウトの日の朝、行列を覚悟でこちらへ。


タイミングがよかったのか、この日は並ぶこともなく、すぐに入店できました。彼に入口のカウンターで注文をしてもらっている間に席を確保します。店内はゆったりとした空気が流れていて居心地が良いです。

シンガポールのモーニングの定番、カヤトーストとコピのセットを頼んでもらうと先にコピと日本のフードコートでもよく見かける呼び出し器が渡され、彼が席に戻ってきました。コピは1杯1杯伝統的な手法を用いて淹れられた本格派

南洋老珈琲 (Nanyang Old Coffee) のシングリッシュの表
また、テーブルにはシングリッシュ(シンガポール式英語)の表が…!面白い!
コピティアム=コーヒーショップキャンキャン!=OKOK!キャン・ラー(シンガポール英語は語尾にラーがつくことが多い)などは定番ですが、目を通すと観光本には載っていないようなニッチなものまで。今でも本当に使われるのでしょうか?

南洋老珈琲(Nanyang Old Coffee)のカヤトースト

待つこと5分程、呼び出し器がチカチカ光りカウンターへ。バナナリーフを模した長皿に2人分の温泉卵とカヤトーストが載せられています。


コピ、カヤトースト、温泉卵のセットで4.3$。(写真は2人分)



パンはヤクンやトーストボックスに比べると少し厚めなのか噛み応えがあります。カヤジャムは片面にしか塗られておらず少なめですが滑らかな舌触りと素朴な甘さが特徴的で、バターは両面にたっぷり。卵は硬めで温泉卵のような感じ。黒醤油、こちらでは気持ち多めにかけてちょうど良いくらいです。

全体的に日本人が好きそうな自然でやさしい味わいでまとめられています。コピもハンドブリューの丁寧さが感じられるマイルドな口当たり。透明感のあるコーヒーの香りが甘さに消されることなくひきたっています。

南洋老珈琲内のコーヒーミュージアムを見学

 

先ほどまでいたメインの入口と注文カウンターのある奥の通路から隣へ移動し、食後はミニミュージアムとショップを見学。

シンガポールにはショップハウスという建物が多くあり、こちらも昔は独立していた店舗を2つ繋げたつくりになっています。シンガポールへ行ったことのない人は想像が付きにくいかもしれませんが、京都の町屋のような、傍からは1つの建物に見えるけれども中は間口が狭く奥行きが長い空間に細かく仕切られている建物です。(ショップハウスについての詳しい説明はこちら)

コピを淹れる時に使う道具やレトロな雑貨が並ぶ

コピを淹れる時に使う道具やレトロな雑貨が並ぶ

黒電話

黒電話

コーヒーミュージアムで見られるレトロな雑貨は、当時のシンガポールの居住空間をシンガポールコーヒーの文化と共に再現しているそうです。

シンガポールの伝統的な花模様をあしらったオリジナルマグカップ

シンガポールの伝統的な花模様をあしらったオリジナルマグカップ

シンガポールの伝統的な花模様をあしらったオリジナルマグカップ

南洋老珈琲で使われている調味料のショップ

南洋老珈琲で使われている調味料のショップ

小さいながらも見ごたえがあり、お土産も購入できるシンガポールの穴場スポット。カヤトーストは正直いうと他のお店の方が好みでしたが、他にも伝統的なシンガポール料理を食べることができ、また利用してみたく思いました。朝は7時から夜は10時まで開いているので、食事をとりながらゆっくりしたい時には使い勝手のいいお店です。

南洋老珈琲 (Nanyang Old Coffee) の情報

店名 : 南洋老珈琲 (Nanyang Old Coffee)
電話 : +65 6221 6973
住所 : 268 South Bridge Rd, シンガポール 058817
チャイナタウンにあるスミスストリートの一番端っこ
営業 : Monday – Sunday 7am-10pm
URL : http://www.nanyangoldcoffee.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)